違反切符に腹を立てて警察官に暴行した兄

兄は昔からかっとなると気持ちを上手く抑えることが出来ない性格でした。けんかでも、たいてい先に手を出すのは兄の方で、両親も子供の頃から何度も謝りに行ったことがありました。そんな兄が公務執行妨害の罪で逮捕されたと連絡があったとき、いったい何をやらかしたのかと両親とも酷く心配し警察に出向いたところ、どうやらスピード違反の取締り中の警察官につかまり、手続き中に腹を立てて警察官に殴りかかってけがを負わせてしまったようなのです。

気持ちを上手く抑えることが出来ない性格

スピード違反も30キロ以上もオーバーしていたそうで、あきらか違反しているにもかかわらず、止められた白バイ隊員を殴ってその場で現行犯逮捕されたのだそうです。やっと最近は仕事も落ち着いて頑張っていると思っていたのに、兄の基本的な性格は子供の頃となんら変わっていないのかと、なんだか情けない気持ちで一杯です。

警察で兄に直接合わせてほしいと何度もお願いしたのですが、私たち家族が兄に会わせてもらうことはできない状態で、不安と申し訳なさと兄に対する落胆の気持ちで、家族全員が沈み込んでしまいました。このままでは兄はいったいどうなってしまうのか、せっかく就いた仕事はやめさせられてしまうのか、兄の将来にどんな影響が出るのかと、心配を上げたらキリがありません。でもただ待っていても不安が大きくなるだけなので、両親と共に弁護士事務所を訪ね、今回の件を相談することにしました。