刑事事件の苦悩

お酒に弱い兄が飲酒運転で逮捕されたと聞き、弁護士を頼むべきか迷っています

兄が飲酒運転をしたということで、警察の方からお電話を頂きました。兄は独身で両親も他界しているため、唯一の身内である私に連絡が来たようです。兄が事故を起こしたのは深夜3時頃とのこと。私は眠っていて気づかなかったのですが、事故直後には兄の携帯電話からも着信が入っていました。留守番電話に伝言もあったようです。

警察の方から電話を受けた時刻は午前8時でした。出社するため電車に乗っていた私でしたが、慌てて兄が拘束されているという警察署へ向かったんです。ところが警察署へ着き、兄への面会を求めたところで、逮捕から勾留の決定までは家族でも面会はできないのだと知らされました。

そういう決まりだと言われれば仕方がありません。会社には遅刻することだけ伝えていたので、改めて事情を説明し、休みをとりました。そこで兄が事故直後に私の携帯に入れた留守番電話の伝言を聞いたんです。そのときに感じたのは違和感でした。だって飲酒運転で捕まったはずの兄の声が、驚くほど冷静なんですから。元々兄はアルコールには弱く、外で飲んで帰るようなこともない人でした。兄が交通事故を起こしたことは事実なのでしょう。でもそれが本当に飲酒運転だったのか。そのとき初めて疑問を感じました。

兄はこの逮捕をどう考えているのか。すぐに知りたくてたまらなくなりましたが、面会はできないと言われています。そこで考え付いたのが弁護士さんへの依頼なんです。家族でも会うことができない今の時間でも、弁護士さんなら直接兄と会うことができるはずです。ただ、身の回りに弁護士の知り合いがいるはずもなく、だからといって兄の将来がかかった事件だと思うと、適当な人に依頼するわけにもいきません。弁護士には得意分野があるとも言いますよね。兄を助けるため、事実をはっきりとさせるためにはどうやって弁護士を探せばよいのか、非常に迷っています。

Posted 2017/07/12

ピックアップ記事一覧へ